ekクロスの悪路走破性って気になる・・・。

他のライバル車と比べて悪路走破性ってどれくらいなんだろう・・・。

こんな疑問を持っている方もいると思います。

なので、今回はekクロスの悪路走破性をハスラー、スペーシアギア、ジムニーと言ったライバル車と比較しながらレビューしていきたいと思います。

【関連記事】
⇒ekクロス 値引きの相場価格と限界交渉術をレポート

ekクロスの悪路走破性は思ったほど高くはない

ekクロスの悪路走破性に関してはSUV面している外見に反して高くはありません。

単純に悪路走破性と言う面で見たらターボの付いている普通の軽自動車くらいだと言っていいと思います。

その理由として高い車高低い最低地上高が挙げられるでしょう。

車高と最低地上高をekクロス以外のライバル車と比較してみましょう。

最低地上高 車高
ekクロス 155mm 1640~1660mm
ハスラー 175~180mm  1,665mm
スペーシアギア 150mm 1,800mm
ジムニー 205mm 1,725mm

この数字からわかる通り、最低地上高はスペーシアギアに次ぐ低さであり、車高はハスラーとほぼ同程度です。

この数字を見るとekクロスよりもスペーシアギアの方が悪路走破性は悪そうだなと思うでしょうが、そもそもスペーシアギア自体もSUV面したスペーシアと言う感じで純粋たるSUVではありません。

ライトSUVと言ってもいい感じの既存の車とSUVをミックスさせた車ですので元々悪路走破性は高くありません。

一方、ジムニーに関しては車高自体はそこそこ高いですが、他の追随を許さぬほどの最低地上高を誇り、悪路を走破する為の装備が充実しているのでこちらは流石本格クロカンという感じがしますね。

ekクロスとライバル車の走行性能の装備の違い

ekクロスの走行性能を公式サイトで見てみるとピックアップされている点は以下の通りです。

  • グリップコントロール
  • 街でも高速でも気持ちよく走る為のトルクフルで低燃費のパワートレイン
  • 広い視界
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 安定したハンドリング
  • 操作しやすいシフトレバー
  • ロングドライブでも疲れにくいシート
  • 見やすくて使いやすいエアコン

こんな感じです。

つまり悪路走破性よりかは街中や高速道路と言ったキレイに舗装された道路でいかにストレスなく走る事ができるかに重点をおいた装備になっているんです。

上記の中で悪路走破性に関する物だとグリップコントロールですね。

ただ、この装備に関してはハスラーにも装備されていてどちらかと言うと安全装備として付いているイメージです。

なので、悪い言い方をすると悪路走破性にはあまり重点を置かれていません。

例えばこれが悪路を走る為に生まれたようなジムニーですと悪路走破性の為に以下の装備を施しています。

  • ラダーフレームを専用開発
  • パートタイム4WD
  • 3リンクリジッドアクスル式サスペンション
  • ステアリングダンパー
  • ブレーキLSDトラクションコントロール

もちろん、ekクロスとジムニーではライトSUVと本格SUVという違いがあるので比べる事自体が野暮かもしれませんが、単純に悪路走破性だけで比べるとこれだけ差があります。

この比較をするとまるでekクロスが悪路を走破する為の装備が何もないように感じますが、実はハスラーもスペーシアギアも悪路を走破する為に突出した装備がある訳じゃないんですよ。

ハスラーもスペーシアギアもS-エネチャージをベースにして燃費が良く、気持ちよく市街地を運転できる装備になっています。

つまりジムニーが悪路を走破する為の車として特別であるという事なので、ekクロスだけが特別悪路走破性の装備を積んでいない訳ではないという事だけはお伝えしておきます。

【関連記事】

⇒ekクロスのスペックはクロスオーバーとして十分か?

ekクロスの通常走破性自体は軽としては合格点

悪路走破性としては普通の軽自動車くらいだという事はわかりましたが、だからと言って市街地などでの通常の走破性が悪いという訳じゃありません。

むしろ、ストップから加速時のもたつきはなく、ストレスのない加速をしてくれました。

また、アイドリングストップからの再始動がモーターを使用しているのですごく静かです。

今まではスズキのS-エネチャージくらいしかありませんでしたが、ついに三菱にも搭載されたなって感じです。

あと、走破性とは関係ないのですが、びっくりしたのがMI-PILOTと呼ばれる自動運転システム。

どういう物かと言うと、前の車の車間距離を測ってその距離を維持したまま自動運転してくれるという物です。

前の車が走れば車間距離を保ったまま自動で走りますし、信号待ちで止まったりしたらこちらもブレーキを踏まずとも止まってくれます。

最初は半信半疑でしたが実際に市場で試してみると本当に止まったのでビックリしました。

まあ、前に車がいないと付いていく対象がないですから機能してくれませんけどね。

でも、高速道路の渋滞時とかはすごく便利そうです。

今はこれくらいなんだろうけど、あと30年くらいしたら本当に全自動の車とかも出てきそうだなーと思った瞬間でしたね。

【関連記事】
⇒ekクロス 人気色ランキング!カラーバリエーションを解説

ekクロスの悪路走破性を比較した結論

この様にekクロスはSUV、本格クロカンとしての悪路走破性は十分とは言えないかもしれません。

しかし、市街地や高速道路でパワーが足りないという印象を受ける事はなく、ストレスのない気持ちいい運転ができる車だと私は思います。

悪路を走る機会なんてないよという方であればekクロスは満足のいく走りをしてくれますよ。

ekクロスを少しでも安く買いたいなら

ekクロスが欲しいな・・・見積もり行こうかなと思っているそこのあなた!

いくら軽自動車と言ってもやっぱり車は高額商品じゃないですか。

一番安いエントリーモデルですら141万円もしますし、乗り出し価格はもっとかかるでしょう。

だったら少しでも安く買いたいですよね。

でも、こんな風に思う方もいるでしょう。

  • 値引き交渉なんて自信ないんだけど・・・
  • どうやって値引きすればいいの?
  • そもそもどれくらい値引きできる物なの?

そんな風に思っている方はこちらの記事を読んでみて下さい。

⇒ekクロス 値引きの相場価格と限界交渉術をレポート

ekクロスがどれくらい値引きできるのか相場がわかりますし、相場以上の値引きを引き出す裏技をご紹介しています。

これを知らないと最終的な支払いで50万円くらいの差が出る事もありますから知らないと大損しますよ。